妊娠7か月になったら、そろええておくと安心

出産準備って?産後は買い物行けるの?
何をそろえておけばいいの?
そんな疑問をここで解決!
早めにそろえておけば安心。
出産してからはなかなか外出もできないもの、
入院準備と一緒に産後グッズもそろえましょう。
産院によっては準備してあるものも。
リストを見比べて上手に準備していきましょう。

授乳兼用ブラジャー
授乳兼用ブラジャー
必要数3~4枚
授乳期は平均で約2カップ、アンダーは1サイズアップ。乳房の形も変わるので、専用のものが◎。母乳の出を妨げないよう、ラクな付け心地で、入院中の授乳に必須なアイテム!すぐ授乳できるタイプがオススメです。

先輩ママからオススメポイント
泣いてる赤ちゃんを目の前にしてもすぐにカップが開き、授乳できる工夫がしてあるので専用のものがオススメです。
授乳兼用キャミソール
授乳兼用キャミソール
必要数3~4枚
カップ付きタイプを選べば、ブラなしで一枚で着れて授乳もできる。ブラの締め付け感が苦手な方におオススメ。

先輩ママからオススメポイント
キャミソールだと、お腹までしっかりあるので、寒い時期の授乳や、夜中の授乳でもお腹が冷えなくてよいです。
産褥ショーツ
産褥ショーツ
必要数3~4枚
産褥ショーツは、股の部分が開くようになっているのが特長。下げずに産後の診察を受けたり、お産用パッドの交換をすることができるので、便利です。

先輩ママからオススメポイント
出産して初めて使い方を知りました。入院中には必須アイテム!多めに用意しておくのをオススメします。
マタニティパジャマ
マタニティパジャマ
必要数 2~3枚
入院中は一日パジャマで過ごします。診察や産後のケアなどで下着を取ることも多いので、全開できて丈の長いものを選べば安心。授乳口付なら産後も大活躍。

先輩ママからオススメポイント
着てる時間が長いため、かわいいものや好みのものテンションが上がるものを選ぶのもポイント!
骨盤ケアグッズ
骨盤ケアグッズ
必要数 1~2枚
出産によって広がった子宮や骨盤を元に戻すためには、産後すぐからケアすることが効果的!

先輩ママからオススメポイント
とにかく骨盤が緩んでる産後すぐがオススメ。助産師さんに聞くと付ける場所なども教えてくれるので聞いてみて。産院によっては産後すぐ装着してれるところも。
授乳クッション(抱き枕)
授乳クッション(抱き枕)
必要数 1個
授乳クッションは、授乳時に腕や肩の疲れを軽減するのに便利。新生児は授乳回数も頻繁なため、腕や肩への負担が大なのでぜひご用意を!

先輩ママからオススメポイント
抱き枕にもなるタイプを選ぶと大きくなったお腹の寝苦しさの解消にも役立ちます。

授乳兼用ブラジャー

授乳兼用キャミソール

産褥ショーツ

マタニティパジャマ

骨盤ケアグッズ

授乳クッション(抱き枕)

産後インナー
産後インナー
必要数2~3枚
産後用で選べばお腹まわりもスッキリ。適度にきいたストレッチが産後の体を優しく引き締めてくれます。

先輩ママからオススメポイント
キャミソールは授乳しやすく、産後用のショーツを選べば産後のたるんだお腹を無理なく引き締めてれます。
リフォームインナー
リフォームインナー
必要数1~2枚
はくだけのガードルタイプ。ベルトでしっかり締めていくタイプ。産後の体の戻りを無理なく引き締めます。

先輩ママからオススメポイント
ここでしっかり引き締めておくことをオススメします。産前のパンツがスッキリはけるかの分かれ道に!
授乳服
授乳服
必要数適宜
新生児は授乳回数が多いため、授乳口付きや授乳のしやすいものを選ぶと、さっと授乳ができて便利。

先輩ママからオススメポイント
マタニティ期から産後まで使えるものも多いので、出産前に用意しても長く使えます!
ルームウェア
ルームウェア
必要数1~2枚
産後すぐは家にいる機会が多くなるのでゆっくりできるアイテムを。ルームウェアタイプを選べば、宅配便や急な来客の対応も可。

先輩ママからオススメポイント
ゆっくり過ごしたいけど、宅配便が!というときに、チュニックにレギンスのルームウェアは重宝しました。
産後パンツ
産後パンツ
必要数
骨盤とお腹をダイレクトに集中的にケアしてくれるから産後の体型戻しにオススメ。出産直後から子育て期まで長く使えます。

先輩ママからオススメポイント
はいてみると良くわかります。お腹と腰をしっかりサポートしてくれるのに苦しい感じがしないのはさすが産後用です。

産後インナー

リフォームインナー

授乳服

ルームウェア

産後パンツ

PageTop