【公式LINE@】新規お友達追加でクーポンプレゼント!

マタニティウェア&ベビーウェアとギフト通販のエンジェリーベ。 5,000円以上で送料無料。

  • いらっしゃいませ ゲスト
  • ログイン
  • カート0
  • 新規会員登録はこちら
  • 無料カタログのお申込み
  • メルマガ登録

妊娠したら、「いつ頃」「なにが」必要になるの?妊娠期別 マタニティ インナーカレンダー 妊娠期特有の体のサイズアップをするママのからだ。時期に応じて正しいマタニティインナーを選びましょう。事前にそろえて、安心快適なマタニティライフを楽しみましょう。

  • 【妊娠初期】(4週〜15週)  2ヶ月|3ヶ月|4ヶ月
  • 【妊娠中期】(16週〜27週)  5ヶ月|6ヶ月|7ヶ月
  • 【妊娠後期】(28週〜39週)  8ヶ月|9ヶ月|10ヶ月
  • 【リフォーム期】出産後すぐ〜6ヶ月

体の変化

通常、鶏の卵ほどの大きさの子宮は、妊娠2ヶ月(4〜7週)ごろにはレモン大に。

4ヶ月(12〜15週)には子どもの頭大にもなります。

お腹に張りを感じたり、つわりに悩まされる時期です。バストは、乳腺が活動を始め、少しの刺激でも敏感に感じるようになります。わずかにサイズの変化が始まる人も。

おなかもバストも、締めつけ過ぎないことが大切です。

2ヶ月(4〜7週)

  • 体がだるい、眠気がつづく、おりものが増える、バストが張るなどの症状を感じることがあります。
  • つわりがはじまります。

3ヶ月(8〜11週)

  • つわりがピークを迎えます。
  • 流産しやすい時期。激しい運動は避け、 バランスよい食事をとりましょう。
  • セックスは今はお休みしておきましょう。

4ヶ月(12〜15週)

  • つわりがおさまり始めます。
  • 腰痛やむくみが出始め、便秘ががちになる人もいます。
  • 妊娠線予防のためマッサージクリームでのケアを始め時です。

【2ヶ月 ブラジャーハーフトップ】【3ヶ月 マタニティショーツ】【4ヶ月 妊娠線クリーム】

  • 初期におすすめのアイテム一覧を見る

妊娠がわかってすぐから、産後の授乳期まで長ーく使える! マタニティブラジャー・ブラトップ・ハーフトップの特徴 【使用期間 : 2ヶ月目〜授乳期まで】【購入目安 : 2〜3枚】

  • どうして必要なの?
  • 妊娠中は・・・
    乳腺を圧迫しないため
    乳頭を保護するため
    大きくなるバストを支えて下垂を防ぐため
  • 授乳中は・・・
    赤ちゃんを待たせず授乳をスムーズにするため
    授乳期後のバストの下垂の防止をサポートするため

マタニティブラジャー

  • マタニティブラジャーの商品一覧を見る

マタニティハーフトップ

  • マタニティハーフトップの商品一覧を見る

マタニティブラトップ

  • マタニティブラトップの商品一覧を見る

徐々に変化していくバストを優しくサポートし、バストラインをキープします。
敏感になった乳腺を圧迫しないよう、素材やラインの工夫がされています。
仕事や外出のときはカップやワイヤーで重みを支えるマタニティブラジャー、つわりや家にいるときはゆったりとした着け心地のハーフトップと、使い分けるとよいでしょう。

タイプいろいろ!授乳口のご紹介

産後に絶対必要な授乳機能。ブラジャーによっていろいろなタイプがあるので、好みや使いやすさによって選ぶとよいでしょう。

ストラップオープンタイプ

  • ストラップの付け根が開くようになっていて、ワンタッチでカップが開くデザインになっています。

クロスオープンタイプ

  • フロントが交差していて、片方のカップ部分だけを下げて、簡単に授乳できます。

カンタンオープンタイプ

  • カップとストラップに伸縮性があり、カップ部分を下げてサッと授乳することができます。

ウインドオープンタイプ

  • 授乳時は外カップを外すだけ。窓枠のような内カップが残り、バストを固定したまま授乳できます。

フロント全開タイプ

  • ワンタッチテープやホックで全開でき、着脱がラク。おっぱいマッサージや検診時にも便利。

大きくなるお腹をしっかり包んで臨月までOK!【使用期間 : 3ヶ月目〜授乳期まで】【購入目安 : 3〜5枚】

  • どうして必要なの?
  • お腹を包み、冷えから守るため
  • 増加する分泌物に対応し清潔を保つため

大きくなるおなかを冷えや刺激から守るために、早めに揃えておきたいのがマタニティショーツ。
お腹が目立たないこの時期でも、妊娠中は分泌物が増えるので、いつも清潔を保つためにショーツは早めに十分な枚数を用意しましょう。
つわりの苦しい時やゴムの当たりがお腹の上にくるのが気になる人も、マタニティショーツを付けると快適です。
マタニティショーツと通常のショーツの一番の違いは股上の深さ。お尻と大きくなるお腹をすっぽり包み込むパターンになっていて安心して付けられますね。

マタニティショーツの商品一覧を見る

優しい付け心地、お腹をすっぽり包みます 授乳兼用キャミソールの特徴【使用期間 : 3ヶ月目〜授乳期まで】【購入目安 : 3〜5枚】

  • どうして必要なの?
  • お腹を包み、冷えから守るため
  • 産後のスムーズな授乳のため

冷えからお腹を守る意味でもキャミソールタイプの下着を揃えておくと便利です。1枚でさらっと着られるパット付きのものが中心なので、つわりで苦しい時にもおすすめ。
クロスオープンのバスト部分は授乳しやすく、産前〜産後と長く活躍します。

授乳用キャミソールの商品一覧を見る

「買ってよかった!」【Real】【voice】「買わずに後悔」お客様の声 「どうせ使うものなら、と早めにマタニティショーツを購入しましたが、これが大正解。ゴム部分がおなかの上に来るので変な締め付けがなく、冷え対策にもなって一石二鳥でした」(R・Mさん/26歳) 「つわりがひどく、外出するのがつらいほどだったのですが、その後買ったハーフトップのラクな付け心地に感動。aもっと早く購入すればつらさも和らいだかも・・・」(S・Mさん/30歳)