マタニティインナーはいつから着るもの?

妊娠中のデリケートな身体を守り、日々変化していく体型をサポートするマタニティインナー。いったいいつ頃から着るものなのでしょうか?はじめてマタニティインナーを手にした時、あまりにもサイズが大きいため着用をためらう人も少なくありませんが、 一度着用し始めるとその快適さがよく分かります。

マタニティインナーは、単にサイズが大きく作られているのではなく、妊娠中の体型を細部まで分析し身体にフィットするように設計されている他、崩れがちなスタイルができる限り美しく見えるように配慮されています。

また、妊娠中はホルモンバランスの影響により肌が敏感になりやすいことから、肌に刺激の少ない優しい素材や縫製方法が選ばれていることも特徴です。 約1年間にも渡る妊娠期間。赤ちゃんの成長のためにも、毎日を快適に過ごすことができるマタニティインナーを活用していきましょう。

妊娠初期から着用するマタニティインナー

下腹部の膨らみや胸の張りなどを自覚し始めるのは、はやくて妊娠3カ月頃。マタニティインナーはまだまだ先と思いながらも、普段使用しているインナーに違和感を覚えるようになってきます。

体型が変化していなくても、体内では出産や授乳の準備が始まっています。例えば母乳を作る乳腺は妊娠と同時に発達します。 マタニティブラジャーは、乳腺の発達を妨げないように設計されていますので、妊娠初期から早めに着用するようにしましょう。 もし、つわりの症状が酷い場合は、マタニティブラジャーの中でもハーフトップという種類を選ぶと、胃周辺の圧迫感を軽減させることができます。 ブラジャータイプは、胸を優しくサポートして、なおかつシルエットも綺麗に見せてくれるので、お出掛けや仕事に行く際には欠かせないアイテムです。

また、マタニティショーツも早めに着用しておきたいひとつ。マタニティショーツ は大きく膨らむお腹をすっぽり覆い、保温しますので、妊婦の大敵といわれる下腹部や腰背部の“冷え”から身体を守ることができます。 加えて、少しの不正出血やおりものも見逃さないために、クロッチの部分は白で綿100%の素材でできています。

妊娠初期から中期にかけては、胎児の主要な臓器や脳の発育が進む大切な時期です。早めに履き慣れておくと安心です。

妊娠中期から妊娠後期にかけて活躍するマタニティインナー

妊娠後期までにアンダーバストは約5cm(1〜2カップ)、お腹周りは約20cmもサイズアップします。お腹は大きく前にせり出し、赤ちゃんの重さも増してくるため、立っているだけでも精一杯。 背中は反り気味になり姿勢も悪くなりやすく、動くたびに腰や首に負担がかかってきます。

この時期、特に効果を発揮するのが腹帯(ママベルト腹巻タイプ)とマタニティサポートです。腹帯はショーツを履きながら付けるベルトや、腹巻タイプの妊婦帯のことで、マタニティサポートとは、ショーツ感覚で一枚でも履くことができる妊婦さんの必需品です。

この2つは、普段の行動や目的に応じて使い分けるのがベストです。伸縮性が良く、着脱も楽な腹帯の腹巻タイプは家でのリラックスタイム時や、スカートの下に着けるのがおススメ。ママベルトは、ベルトがしっかりとお腹を支えてくれるので、外出や仕事に行くときに身に付けていると安心です。

マタニティサポートは、ショーツのように簡単に履くことができるので、適度なフィット感があり動きやすく、ヒップラインも響きにくいので外出などに最適です。腹帯やマタニティサポートを着用することで、身体を保護・保温するだけではなく、関節への負担を軽減することで腰痛や肩こりを予防することができます。

出産をベストコンディションで迎えられるよう、自分にあったインナーを選び、着用を習慣づけていきましょう。

おすすめ特集


TOP