妊娠中期に必要なものリスト

つわりも終わり、比較的体調が安定してくる妊娠中期の「安定期」(5〜7ヶ月目)は、マタニティライフにも慣れてくる頃です。
この時期は、外出時に困らないようおしゃれなマタニティウェアを充実させて、マタニティライフを楽しみましょう。
マタニティウェア選びのコツは着まわしのできるアイテムを用意することです。仕事やお出かけなど、環境に応じて使い分けましょう!

妊娠中期は、どんな体の変化が起きる?

おなかの大きさが目立ってくる妊娠中期。胎動を感じ始める人もいるでしょう。妊娠初期から兆候がある胸の張りも強くなり、子宮もどんどん大きくなっていきます。

しかし、つわりが治まってくる時期なので、これまでと比べて体調が良く感じる方が多いようです。そのため妊娠中期は妊娠中では活動的に過ごせる時期だといわれています。

子宮が大きくなることにより、人によっては貧血になりやすい時期でもあるので、栄養バランスには十分に気をつけ、疲れた時や痛みを感じた時は体を休ませましょう。

妊娠中期にはこんなマタニティウェアがおすすめ

お出かけにぴったりのワンピースを準備して、マタニティライフを満喫しましょう。お仕事をしている方は、ジャケットやトップス、マタニティボトムなどを1〜2枚ずつ用意しておくよいでしょう。
ワンピースはスタイルが決まりやすいので、特におすすめです。産後にも使えるように授乳口が付いたものもあるので、デザインと機能性の両方をチェックして検討すると良いでしょう。

オフィス着として最適なシャツタイプのトップスは、シルエットが大切ですね。
大きなおなかをさりげなく隠してくれるカッティングが施されているマタニティトップスもあります。

マタニティボトムは、大きくなるおなかをしっかりと支えてくれるものを選びましょう。なかでも、着回しの効くデニムタイプがおすすめです。おなかまわりは楽に履けるデザインで、ヒップや脚のラインがスリムでスッキリ見えるものが増えています。色やシルエットなどもさまざまです。何タイプか用意するとコーディネートの幅も広がりそうです。

そして、妊娠中に欠かせないのがローヒールタイプの靴です。つまずきにくく安定感があり、疲れないものを選ぶようにしましょう。

妊娠中期のちょっとフォーマルな外出着選びのポイント

妊娠中に、結婚式のパーティーなど、ちょっとフォーマルな服装をしなければならない場所に招待されると、洋服選びに困ってしまいますよね。
そんな時のために、きちんと感のあるジャケットやボレロを用意しておくといいでしょう。きれい目ワンピースの上から一枚羽織るだけで、フォーマルな印象を与えることができます。

妊娠中期に必要なアイテムとは?

この時期にあるとよいマタニティアイテムに「妊婦帯」があります。
「妊婦帯」とは、妊娠5ヶ月の「戌の日」からつける習慣があるもので、大きくなってきたおなかをすっぽりと支えてくれる妊婦の頼もしい味方です。

マジックテープで簡単につけ外しができるタイプや、腹巻きタイプのものなど色々な種類があるので、自分に合った使い心地のいいものを選ぶようにしましょう。
妊婦帯は使用しなくてもよいものですが、おなかが守られているようで安心感があるため、愛用する妊婦が多いようです。
腰痛が気になる人にもおすすめです。

妊娠中期に必要なものをリストにしましたのでご活用ください。

妊娠中期に必要なものリスト

ワンピース(授乳口のついたものが便利)
キレイ目のジャケット
マタニティトップス
マタニティボトム
妊婦帯

おすすめ特集


TOP