妊娠初期に必要なものリスト

妊娠初期はつわりが発生する時期です。体調がすぐれず、自分の身体の変化に驚いたり、戸惑ったりします。
この不安定な時期を乗り切るための、様々なサポートアイテムが販売されています。妊娠が分かったら、早めに入手して準備をしておきましょう。
また、妊娠初期は妊娠検診を受けることになりますので、その際に必要なアイテムも忘れずに準備しましょう!

妊娠初期は、どんな体の変化が起きる?

妊娠4ヶ月までは肉体的にも精神的にも不安定な時期だといわれています。体の変化としては、熱っぽくなり、だるさを感じることが多いようです。
これは、黄体ホルモンの分泌が続くことが原因だといわれています。

つわりが始まる時期なので、吐き気や嘔吐、強い眠気に襲われるなどの症状があります。また、乳房が張って痛みが出ることもあるようです。

見た目の変化はありませんが、下腹部に違和感が生じたり、胃腸の調子が良くなかったりすることもあるようです。

この時期は、子宮がどんどん大きくなり、子宮の筋肉が伸びていきます。そのため、痛みを感じる方もいるようです。ちょうど、月経痛のような痛みをイメージするとよいでしょう。

妊娠初期に必要なものとは?

妊娠初期に必要なアイテムは、主に妊娠検診やつわり対策に必要なものです。

多機能クッションは、つわりのときや身体がだるいときに抱き枕として使えるなど、重宝します。産後には授乳クッションとしても使えるので、持っておいて損はありません。

また、冷え防止用のくつ下は2〜3足以上持っておいたほうが無難です。
夏の暑い季節でも屋内は冷房がきいていることが多く、特に足元は冷えやすいため、防止策を欠かさないようにしましょう。
足がむくまないよう、履いていてしっくりくるものを選ぶことをおすすめします。

  • スーッと伸びがよく、ベタつかない高保湿なクリームタイプ。
    やさしくほのかに香るり天然アロマで心と体をリラックスさせる効果も。

妊娠線ケアクリームもできるだけ早めに用意しておきましょう。
お腹が大きくなり始めると皮下組織の繊維に亀裂が入ります。
この亀裂が原因で妊娠線が出ます。皮膚の柔軟性を保つことでこの亀裂を防ぐことができます。
柔軟性を保つために必要なことは保湿です。お腹が大きくなり始める前から妊娠ケアクリームで保湿ケアを行い柔軟な肌を保ちましょう。
また、妊娠線ができる頃は肌が乾燥しがちです。乾燥からかゆみや肌のくすみになりやすいことからも、保湿ケアは大切です。

その他に、定期的に通う検診の際に必要な、母子手帳や診察券などをまとめて入れられる母子手帳ケースを用意しておくと便利です。

妊娠初期にはこんなマタニティインナーがおすすめ!

妊娠初期のマタニティインナーとしておすすめなのが、授乳兼用のキャミソールです。産後も使えることがポイントです。
通常のものよりも着丈が長く、おなかまで一続きになっているので、汗を吸い取ってくれるうえ、冷えを防ぐことができ、妊娠中や産後は手放せません。

授乳兼用ブラジャーマタニティショーツも準備しましょう。
この時期から乳腺が活動を始めるため、バストは少しの刺激でも敏感に感じるようになります。
その刺激からバストを守るためにマタニティブラジャーは締め付けがソフトで肌に優しい素材でできています。
外出用と自宅用が販売されているので、体調、TPOに合わせて使い分けましょう。

そして、つわりの苦しい時期や、冷房などの冷えからお腹を守ってくれるマタニティショーツも忘れずに! 通常のショーツと違って、ゴムの部分がお腹の上にくる形になっているため、締め付けがなく快適に過ごせます。

妊娠中はどんどん体に変化が生じて戸惑うことがあるかもしれません。
心身ともにリラックスして過ごせるような肌着選びを心掛けていきましょう。

妊娠初期に必要なものをリストにしましたのでご活用ください。

妊娠初期に必要なものリスト

多機能クッション
冷え防止用くつ下
妊娠線ケアクリーム
母子手帳ケース
キャミソール(授乳兼用タイプがおすすめ)
マタニティブラジャー・ハーフトップ
マタニティショーツ

おすすめ特集


TOP