産後ダイエット授乳中の食事で気をつけるポイント

赤ちゃんが生まれて授乳が始まれば、すぐに妊娠前の体重に戻ると思いきや、実際にはそう簡単にはいきません。何もしなければ妊娠中の体型が固定化してしまい、さらには太りやすい体質になってしまいます。産後ダイエットは、正しい知識のもと継続して行っていくことにより、しっかりと効果を得る事ができます。

出産直後、半年から一年の間は体重も減りやすく、体型を戻しやすい期間と言われていますので、積極的に取り組んでいきましょう。特に、食事面では細心の注意を払う必要があります。食べたもの、飲んだものに含まれる栄養素は、母乳を通して赤ちゃんの身体に取り込まれます。同じものばかり食べていたり、栄養の偏りがあると赤ちゃんの成長に影響を及ぼします。

また、母乳を生産するために必要な水分や栄養素が不足していると、母乳不足に陥ってしまう可能性がありますので、産後ダイエットでは、赤ちゃんの成長を第一に考えながら、効率よく脂肪を燃焼する工夫が大切です。

母乳育児と産後ダイエットを両立する


母乳はママの身体に流れている血液や食べ物から作られていきますので、赤ちゃんはママと同じ物を食べて成長していると言っても過言ではありません。ママが塩辛いものや油っぽい物を食べると、母乳の味も似たような味に変わると言われているほど強く関わり合っています。

常に美味しくて栄養満点な母乳作り出すには、和食を中心とした“薄味・低脂肪・高タンパク”の食事内容にしていくと良いと言われています。

また、ご飯やパンなどの炭水化物の摂り過ぎは要注意です。塩や油と同様、血液の粘度が高くなり乳腺炎や母乳不足に至る可能性があります。

このように、常に良質な母乳を作ることを意識していれば、自然と産後ダイエットにも繋がっていきます。ただし、1日の総摂取カロリーを抑え過ぎないこと。きちんと食事を摂らないと、授乳を継続するためのエネルギーが損なわれてしまいます。

年齢や体重、日中動く量にあわせて必要摂取カロリーの目安を決めて、そのカロリーを越えない程度に調整をしていきましょう。ストレッチや軽いウォーキングなどの下半身トレーニングも併せて行っていくと効果的です。全身の血行がよくなり、脂肪燃焼だけではなく母乳の生成を促進し、乳腺炎などのトラブルも予防します。

  • 和食を中心とした“薄味・低脂肪・高タンパク”の食事
  • ご飯やパンなどの炭水化物を摂り過ぎない
  • 塩辛い物・脂っぽい食べ物は控え目に
  • 1日の摂取カロリーを抑え過ぎるのもNG
  • 適度な運動を行うこと

どうしてもお腹が空いてしまった時(母乳生産アップ&授乳エネルギー栄養を補給)


授乳中は、毎回の食事をしっかり摂っていてもすぐにお腹が減ってしまいます。頻繁に喉も乾きますし、常に何かを口に入れておきたくなってしまいますが、油断は禁物。間食の摂り過ぎは産後ダイエットの大敵です。お菓子や甘いジュースなど、高カロリーなものは出来るだけ控えるようにしましょう。

どうしてもお腹が空いてしまった時には、カロリーが低く、母乳の生成に役立つものを食べるようにすると安心です。たとえば、カットフルーツやスティック野菜は、母乳生成に欠かせないビタミンを補給することができますし、乳腺炎予防に最適な食物繊維も摂ることができます。

他にも、ハーブティーなどの香りのよいお茶で空腹を紛らわしながら、疲れた心と身体を癒す方法もお勧めです。

妊娠中はもちろん、産後の授乳ママにもおすすめ

クセのないまろやかな味でホットでもアイスでも。また、ドライフルーツをブレンドした、デザート感覚でそのまま食べることもできるハーブティーもおすすめです!
ノンカフェイン&低カフェインティー 

おすすめ特集


TOP