お宮参りのマナーと服装

赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願うお宮参り。出産後に神様にお参りをする風習は、室町時代から始まったと言われています。もともと武家社会の風習でしたが、江戸時代に入るとお宮参りの帰り道に親戚や知人宅へ挨拶にまわる習慣と共に、おめでたい行事として一般家庭にも広まっていきました。

お宮参りは、正式には男の子が産後31日目から32日目、女の子が産後32日目から33日目に、赤ちゃんが生まれた土地を守る神様が奉られている“産土神(うぶさな)様”を参拝するとされていました。しかし、最近ではその形式にこだわらず行っている家庭が多くなっています。

母子の体調と参加者の都合、気候などを優先に日程を選んでも問題ありません。また、必ずしも地元の神社を参拝する必要はなく、県外にある有名神社を参拝する家庭も増えてきています。古くからの言伝えは目安として考え、遅くても生後100日目のお食い初めまでには済ませるようにしましょう。

初穂料とお宮参りのマナー

参拝だけではなく、神様に感謝の気持ちを捧げる祝詞(のりと)をあげて頂くのであれば、予約の必要がある場合がありますので、必ず確認をしておきましょう。社務所に行けば、申し込みをすることができます。料金については、わかりやすく掲示をしてある神社もありますが、必ずしもそうではないようです。料金を尋ねても「お気持ちで構いません」という神社も少なくありません。

その場合は五千円から一万円の範囲で準備しておくとよいでしょう。料金は上段に“御初穂料”または“御玉串料”と書いたのし袋に入れて、お宮参りの当日、受付をする時に渡します。のし袋は紅白蝶結びのものを使用、下段には赤ちゃんの名前を書きます。

参拝は、一般的な礼儀に従って行います。手水舎で手と口を清めた後、お賽銭をあげて鈴をならしましょう。「2拝2拍1礼」と言われるように、2回おじぎをした後、2回手をたたき、最後に1礼をします。この時、参拝者のうち誰が赤ちゃんを抱っこするか、誰が前列に来るかなどの決まり事はありません。しかし、地域によって違いもありますので、不安な場合はご両親に確認しておくとよいでしょう。

お宮参りの服装は

お宮参りでは、赤ちゃんの健康や幸せを表現した柄の“祝い着”を赤ちゃんに羽織らせる習わしがあります。男の子は羽二重の紋付で逞しい鷹や鶴の絵が入った「熨斗目模様(のしめもよう)」、女の子は、優しく美しいちりめん柄や友禅模様、手鞠や小鼓などの絵が入ったものが人気です。

昔ながらの形式にこだわらず、ベビードレスにケープを掛けて参拝するスタイルも増えています。参列する家族も、特に決まり事はありませんが、赤ちゃんの装いとバランスがとれるような服装にするとよいでしょう。礼服や訪問着、セレモニースーツなど派手でなければ問題はありません。

お宮参りの帰りに挨拶まわりなどの予定がある場合は、授乳がしやすいように前開きのカーディガンや授乳服を着て行くと安心です。

おすすめ特集


TOP