出産内祝いの金額はいくらくらいがいいの?

出産内祝いとは?

出産内祝いとは、出産祝いを頂いた相手に感謝の気持ちを込めて「お礼の品」を贈ることを言います。本来は、新しい命誕生の喜びを分かち合うために、親しい身内を集めてお祝いをする行事だったのですが、 最近はお祝いをいただいた方へお返しをするという形式が一般的になっています。

新しい家族の紹介とご挨拶にあたる出産内祝い。贈る時期など先様に失礼のない“正しいマナー”で、「ありがとう」の気持ちを届けましょう。

どんな物を贈ればいいの?

名入れギフト
お菓子
タオル

感謝の気持ちを伝える贈り物ですから、もらって嬉しい物が一番!お中元やお歳暮のような一般的な生活用品もよいのですが、赤ちゃん誕生の証となるメモリアルグッズや、 先様の好みやライフスタイルに合わせた贈り物がオススメです。

また、出産祝いをいただいた方に贈るのはもちろんですが、 「新しい命誕生の喜びを分かち合う」という内祝い本来の主旨からいえば、 親族や友人などに贈ってもかまわないでしょう。

いつまでに贈ればいいの?

産後1ヶ月くらいの時期までにお贈りするのが一般的とされています。ちょうどお宮参りの時期と重なりますので、忙しさにまぎれて贈り忘れがないように、あらかじめリストを作っておくと安心です。

もし退院までに時間が掛かったり、さまざまな要因で遅れてしまった場合でも、 遅くとも産後2ヶ月くらいまでにお届けできるようにしましょう。

予算はいくらぐらい?

出産祝いでいただいた金額の半額〜1/3 程度が一般的に目安とされていますが、 特にこだわる必要はないでしょう。赤ちゃんの名前で届く、生まれて初めての贈り物ですから、 心のこもった、もらって嬉しい贈り物が一番です。

価格・予算別人気ランキング

予算別にギフトを選ぶ

1,000~1,999円
2,000~2,999円
3,000~3,999円
4,000~4,999円

のしはどうすればいいの?

出産内祝いには、上段に「内祝い」、下段に赤ちゃんの名前を書いた“のし紙”を貼ってお贈りするのがマナーです。のし紙は端を引くとほどけることから、 “何度も繰り返す喜び”を表す蝶結び(花結び)のものを使います。赤ちゃんの名前が読みにくい場合は、ふりがなを振っておくとよいでしょう。

出産内祝いのマナーなど

内祝いの内容も、定番品にこだわらず、赤ちゃんの写真や名前入りのオリジナルの物を選ぶ傾向になっていますが、出産の喜びを伝えるだけではなく、贈る方に喜んで貰えるような配慮が必要です。

出産内祝いは、お祝いして頂いた方に対して感謝の気持ちと、赤ちゃんの成長を見守っていて欲しいという思いを込めて贈ることが大切です。

エンジェリーベでは、のしだけではなく、お子様の写真付カードを無料でお付けします。もちろん、感謝の気持ちを伝えるオリジナルメッセージも記入できます。ぜひご利用ください。

オリジナルサービス詳細

おすすめ特集


TOP