お金の事・育児

産後

出産内祝いの金額はいくらくらいがいいの?

出産内祝いとは、出産祝いを頂いた相手に感謝の気持ちを込めて「お礼の品」を贈ることを言います。本来は、新しい命誕生の喜びを分かち合うために、親しい身内を集めてお祝いをする行事だったのですが、 最近はお祝いをいただいた方へお返しをするという形式が一般的になっています。

Read More

産後

出産祝いにはどんな品物を贈ればいいの?

出産祝いは、赤ちゃんが生まれて1カ月を目安に贈ります。出産して数日から2週間程度は、産後の疲れもあり、余裕がない状態が続いています。 出産の状況によっては、まだ入院しているということも考えられますので、必ずお贈りする相手に連絡を入れてから届けるようにしましょう。

Read More

産後

お宮参りのマナーと服装

赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願うお宮参り。出産後に神様にお参りをする風習は、室町時代から始まったと言われています。もともと武家社会の風習でしたが、 江戸時代に入るとお宮参りの帰り道に親戚や知人宅へ挨拶にまわる習慣と共に、おめでたい行事として一般家庭にも広まっていきました。

Read More

妊娠中

里帰り出産の費用と準備

臨月を控えた妊婦さんが、ご両親が住む実家に戻って出産を迎える“里帰り出産”。実家のご両親の都合や産院の不足などで、里帰り出産をしたくてもできない妊婦さんが増えているなか、 家事の負担から離れ、ゆったりとした気分でお産を迎えることができる環境はとても羨ましいものです。

Read More

妊娠中

出産に関するお金のこと

妊婦検診や出産にかかる費用は、基本的に健康保険が適用されません。そのため、病院の窓口で渡される領収証の金額が想像以上に高額で、驚かれる方も少なくないと思います。 出産までに平均10数回行われる妊婦検診では、経過が順調な場合でも合計の費用は100,000円前後。赤ちゃんの健康な成長のためにも、欠かすことのできない出費です。

Read More

産後

パパ育児のすすめ

生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、母乳を飲ませてくれるママが何より大切な存在です。母乳を与えることができないだけなく、抱っこや寝かしつけもママのようには上手くいかないパパは、役不足を感じ、寂しい気持ちになっているかもしれません。 しかし、ママもはじめは不安でいっぱいです。産後の回復が不十分なうちは特にパパの力を必要としています。

Read More


TOP