COLUMN

コラムページ
ママとベビーのお役立ちコラムはここをチェック

妊娠中

マタニティウェアはいつから着るもの?

胎動が感じられるようになる妊娠5カ月前後になると、洋服の上からでもほんの少しお腹の膨らみが分かるようになってきます。この時期から妊婦さんの身体は膨よかになり、妊婦さんらしい体型に変化していきます。乳腺が発達し、全体的に脂肪が付いて丸みを帯びた身体になってくるので、今まで着ていた服だと、

Read More

産後

出産内祝いの金額はいくらくらいがいいの?

出産内祝いとは、出産祝いを頂いた相手に感謝の気持ちを込めて「お礼の品」を贈ることを言います。本来は、新しい命誕生の喜びを分かち合うために、親しい身内を集めてお祝いをする行事だったのですが、 最近はお祝いをいただいた方へお返しをするという形式が一般的になっています。

Read More

妊娠中

妊娠中の体重管理の方法

妊娠中の過度な体重増加は、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼしたり、産後の回復を遅らせ育児に支障をきたす場合があります。そのため、妊婦検診では毎回必ず体重測定が行われ

Read More

RECENT ARTICLES

産後

授乳の悩み・トラブル

母乳には赤ちゃんの成長に欠かせない栄養がたくさん含まれているだけなく、母乳で育てられた子は肥満やアレルギーなど、様々な疾病リスクが減るという研究結果も出ています。そのため、多くの産婦人科医が母乳育児を推進しています。

Read More

妊娠中

マタニティインナーはいつから着るもの?

妊娠中のデリケートな身体を守り、日々変化していく体型をサポートするマタニティインナー。いったいいつ頃から着るものなのでしょうか?はじめてマタニティインナーを手にした時、あまりにもサイズが大きいため着用をためらう人も少なくありませんが、一度着用し始めるとその快適さがよく分かります。

Read More

妊娠中

えっ?体重増えすぎ?妊娠中のダイエット方法

妊婦検診で体重増加を注意されてしまったら、ショックで次の検診が怖くなってしまう妊婦さんも少なくないと思います。妊娠中の身体は、脂肪がつきやすい上に、すぐに浮腫んでしまうため、一晩で1kg以上体重が増えてしまうこともしばしば。慌ててダイエットをする方もいますが、過度な食事制限や急激な運動は赤ちゃんの成長に支障をきたす恐れがあります。また、短期間で体重を落とすと、流産の危険性が高まると言われています。

Read More

妊娠中

妊娠中に飲んでも大丈夫?カフェインの影響と摂取量について

胎児が成長していくために必要な栄養の多くは母体から胎盤を通して送られています。胎盤は受精卵が子宮に着床する時期から、妊娠16週前後までに完成するといわれています。子宮の一部につくられる胎盤には細かい血管がたくさん集まっており、そこから胎児へ酸素や栄養が送られていきます。 胎児が排出した老廃物も胎盤を介して母体に送られるため、胎盤は胎児にとっての肺や腎臓のようなものです。

Read More

妊娠中

マタニティーウェアのフォーマルを選ぶポイント

妊娠から出産までの期間にも、結婚式や葬式などの冠婚葬祭に出席する機会や勤務先で正装を求められることがあります。マタニティ用のフォーマルウェアは、出産後もできるだけ長く着られるように工夫されたデザインを選ぶことがポイントです。授乳口がついているものやウエストの切り替えがない、ゆったりとしたワンピースであれば、妊娠中だけでなく産後のお宮参りにも着て行くことができるのでおすすめです。

Read More

産後

産後の体型を戻すのはいつからやるもの?

妊娠中についてしまった余分な脂肪や横に広がってしまった骨盤は、時間がたてば自然と元に戻るわけではありません。それぞれ適切な方法で解消していく必要があります。 また、元の体型に戻しやすい時期を逃してしまうと、余分な脂肪が定着し、出産時の体型からなかなか抜け出せなくなってしまいます。

Read More

妊娠中

働くママの妊娠出産スケジュール

働く女性の約9割が、妊娠、出産をしても仕事を続けることを望んでいると言われています。この流れを後押しするように、男性の育児休業取得が普及し始めています。 それでも、女性が仕事と育児の両立させることは容易でありません。できるだけ早めに、ご主人やご両親と相談し、協力を促す必要があります。安心して仕事に復帰できるよう必要なことを計画的に進めていきましょう。

Read More

妊娠中

マタニティパジャマは必要なの?

マタニティパジャマは、睡眠不足になりやすい妊娠中の快眠をサポートするアイテムです。大量の寝汗や肌の痒みで目が覚めてしまう、嫌な夢を見て夜中何度も起きてしまうなど、妊婦の約8割が不眠に悩んでいると言われています。

Read More

妊娠中

つわりはなぜおこる?つわりを乗り切る対策

つわりは、妊娠初期から胎盤が完成する妊娠15週頃までに生じる妊娠期特有の症状のことを言います。医学的な原因は明らかにされておらず、頭痛や吐き気、嗜好の変化、嗅覚過敏など心身ともに不快な症状が現れます。 つわりの症状が悪化した状態を妊娠悪阻といい、脱水症状や栄養改善のために入院加療が必要になる場合もあります。妊婦さんの約8割がつわりを経験すると言われていますが、なかには、つわりを全く経験せずに出産を迎える妊婦さんや、出産までつわりが持続したという妊婦さんもいます。

Read More

妊娠中

妊娠の体型変化について

赤ちゃんの成長と共にどんどん変化していく妊婦の体型。妊娠後は、お腹の膨らみや重みから母親になる実感が次第に高まってきます。妊娠後の体型変化は、肥満体型とは全く異なり、骨格や姿勢の変化を伴うことが特徴のひとつです。

Read More

産後

あったら便利?授乳服は必要なの?

授乳服とは、服を着たまま授乳できる機能がついた服を指します。Tシャツや前ボタンのシャツでも授乳できますが、授乳の度にシャツをめくり上げたり、ボタンを外すのは手間ですし、服が邪魔になり無理な姿勢を強いられることがあります。 授乳服を着れば、お腹を空かせた赤ちゃんを待たせることなく、スムーズに授乳することができますし、服が邪魔にならず赤ちゃんの顔を見ながらリラックスした姿勢で授乳することが可能です。

Read More

産後

出産祝いにはどんな品物を贈ればいいの?

出産祝いは、赤ちゃんが生まれて1カ月を目安に贈ります。出産して数日から2週間程度は、産後の疲れもあり、余裕がない状態が続いています。 出産の状況によっては、まだ入院しているということも考えられますので、必ずお贈りする相手に連絡を入れてから届けるようにしましょう。

Read More

産後

お宮参りのマナーと服装

赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願うお宮参り。出産後に神様にお参りをする風習は、室町時代から始まったと言われています。もともと武家社会の風習でしたが、 江戸時代に入るとお宮参りの帰り道に親戚や知人宅へ挨拶にまわる習慣と共に、おめでたい行事として一般家庭にも広まっていきました。

Read More

産後

里帰り出産の費用と準備

臨月を控えた妊婦さんが、ご両親が住む実家に戻って出産を迎える“里帰り出産”。実家のご両親の都合や産院の不足などで、里帰り出産をしたくてもできない妊婦さんが増えているなか、 家事の負担から離れ、ゆったりとした気分でお産を迎えることができる環境はとても羨ましいものです。

Read More

産後

産後のおすすめファッション

出産後の洋服は、動きやすいものを選ぶことが大切です。赤ちゃんを連れてのお出掛けは抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたり、ベビーカーを押して歩いたりママは大忙し。授乳後に洋服が汚れてしまうことも多々ありますので、家で繰り返し洗濯でき、乾きやすい素材であることが欠かせません。 なかには、洋服の選択肢が減ってしまい、ファッションに対するモチベーションがすっかり下がってしまったという方も少なくありませんが、産後はこれまでにないスタイルに挑戦する絶好のチャンスでもあります。

Read More

妊娠中

出産に関するお金のこと

妊婦検診や出産にかかる費用は、基本的に健康保険が適用されません。そのため、病院の窓口で渡される領収証の金額が想像以上に高額で、驚かれる方も少なくないと思います。 出産までに平均10数回行われる妊婦検診では、経過が順調な場合でも合計の費用は100,000円前後。赤ちゃんの健康な成長のためにも、欠かすことのできない出費です。

Read More

産後

パパ育児のすすめ

生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、母乳を飲ませてくれるママが何より大切な存在です。母乳を与えることができないだけなく、抱っこや寝かしつけもママのようには上手くいかないパパは、役不足を感じ、寂しい気持ちになっているかもしれません。 しかし、ママもはじめは不安でいっぱいです。産後の回復が不十分なうちは特にパパの力を必要としています。

Read More

産後

産後のリフォームインナーの種類と選ぶポイント

産後に着用するリフォームインナーは、スムーズな体型戻しだけではなく、産後の体調回復やその後の健康を維持していくために必要なアイテムです。 出産後すぐに着用し、脂肪が柔らかく流動的になると言われている産後半年間は継続する必要があります。入院中は着用していても、退院して育児や家事に追われるとつい忘れがちになるという声をよく聞きますが、産後間もない時期から体型が急激に戻ると言われている3カ月目は、集中的にケアをすることでより効果が出やすいと言われているので忘れずに着用しましょう。

Read More

産後

骨盤ケアの重要性

妊娠と出産により緩んで、横に開ききってしまった骨盤は、産後4〜5カ月を掛けてゆっくりと元の位置に戻っていきます。ただし、これは何もしなくても自然と元通りになるという意味ではありません。骨盤を正しい位置に矯正しながら、骨盤を強化する筋肉を鍛え、本来の機能を取り戻すことが必要です。 適切な時期に正しいケアを行わないと、骨盤が歪んだままになってしまって、産後太りや、腰痛、尿漏れ、便秘、冷え性など、女性の健康と美容に悪影響を及ぼします。

Read More

妊娠中

妊娠初期に必要なものリスト

妊娠初期はつわりが発生する時期です。体調がすぐれず、自分の身体の変化に驚いたり、戸惑ったりします。この不安定な時期を乗り切るための、様々なサポートアイテムが販売されています。妊娠が分かったら、早めに入手して準備をしておきましょう。 また、妊娠初期は妊娠検診を受けることになりますので、その際に必要なアイテムも忘れずに準備しましょう!

Read More

妊娠中

妊娠中期に必要なものリスト

つわりも終わり、比較的体調が安定してくる妊娠中期の「安定期」(5〜7ヶ月目)は、マタニティライフにも慣れてくる頃です。この時期は、外出時に困らないようおしゃれなマタニティウェアを充実させて、マタニティライフを楽しみましょう。マタニティウェア選びのコツは着まわしのできるアイテムを用意することです。仕事やお出かけなど、環境に応じて使い分けましょう!

Read More

産後

産後に必要なものリスト

出産を終えて、いよいよお母さんに!マタニティライフは終わりますが、体は急に元には戻らないものです。そのため産後しばらくはマタニティウェアのお世話になります。産後のウェアは、授乳のしやすいタイプと体型戻しのためのサポート力のあるものを中心に選ぶとよいでしょう。

Read More

妊娠中

出産準備に必要なものリスト

妊娠8〜10ヶ月の妊娠後期。そろそろ出産に向けて準備を始めたい時期です。この時期に購入するマタニティウェアは、産後にも着まわせるものがおすすめです。また、入院期間中に着るパジャマは必須アイテムです。入院ライフが楽しく過ごせるよう、お気に入りのものを選ぶとよいでしょう。

Read More

妊娠中

ベビー用品はいつから用意すればいい?

ベビー用品は妊娠5〜6カ月の安定期に入ったら、少しずつ準備を始めていきましょう。まずは赤ちゃんが生まれたらすぐに必要になるものを優先して買い揃えます。妊娠後期になると、重い荷物を持つことは身体に負担をかけますので、妊娠8カ月頃にはいつ赤ちゃんが生まれてもいいように整理整頓して、すぐに使えるように準備しておきましょう。

Read More

妊娠中

妊娠後、買ってよかったもの、買わずに後悔したもの

妊娠がわかったら、嬉しさのあまりベビー用品やマタニティグッズをすぐにでも買いに行きたいと思う方も少なくないでしょう。妊娠期間は、つわりや体調管理などで辛い時期がたくさんありますが、マタニティウェアを身につけ、ベビー用品を選ぶ時間は妊婦期間に経験できる至福の時間です。これから始まる赤ちゃんとの生活を想像すると、

Read More

産後

産後ダイエット授乳中の食事で気をつけるポイント

赤ちゃんが生まれて授乳が始まれば、すぐに妊娠前の体重に戻ると思いきや、実際にはそう簡単にはいきません。何もしなければ妊娠中の体型が固定化してしまい、 さらには太りやすい体質になってしまいます。産後ダイエットは、正しい知識のもと継続して行っていくことにより、しっかりと効果を得る事ができます。

Read More


TOP